歯科矯正中の歯磨き

歯科矯正中にブランケットという矯正器具を使用している場合、
歯磨きがおろそかになることがよくあります。

 

歯が特殊な器具で覆われているため、
通常と同じように歯磨きをしていても磨き残すが出てしまうのです。

 

そこから虫歯に発展すると
歯科矯正にも悪影響を及ぼすことも少なくありません。

 

矯正中の歯磨き方法をマスターして、
歯科矯正をスムーズに終わらせましょう。

 

最初にすることは、歯ブラシ選びです。
基本的には、ブラシが短くてヘッドの小さいものを使うようにしましょう。
大きめのブラシは、細かいところを磨くのに適していないからです。

 

歯科矯正をしている方専用の歯ブラシもあるので
そちらを利用するのも良いでしょう。

 

自分のブラッシングを歯科医に1度見てもらい、
そのうえでどの歯ブラシを購入するか決めるようにしてください。

 

歯科矯正中に気をつけなければいけないのは、
ブラケットを装着している部分の磨き方です。

 

ブラケットを挟んだ上下2つのエリアに分けて磨くことをおすすめします。
実際に歯ブラシを当てるときは、
歯ブラシを斜め45度の角度で歯に向けて磨くようにしましょう。

 

歯と歯茎の間は、プラークと呼ばれる細菌が溜まりやすい部分です。
歯周病を予防するためにも、時間をかけて磨きましょう。

 

歯科矯正中は通常よりも磨き残しが多くなるため、
歯間を磨くことで細菌の繁殖を予防するのも効果的です。

 

デンタルフロスや歯間ブラシを使ったことが無いという人も
この機会に使い方を覚えてチャレンジしてみましょう。

 

歯磨きにかかる時間が長くなるかもしれませんが、
歯の健康を守るには不可欠なことなので毎日欠かさず磨きましょう。
駒沢で矯正歯科に定評のある歯医者さんならTeoデンタルオフィスがおすすめです。