審美歯科で歯茎を治療

歯茎とは、歯が健康に育つためには欠かせない要素です。

 

審美歯科では歯の美しさだけではなく、
健康にすることにも重点を置いています。
新百合ヶ丘にある歯医者でも、健康で美しい口内環境をかなえたい方へ熱心な歯磨き指導を行っています。
歯茎を清潔にすることで、
歯を美しく健康な状態に保つことが出来るのです。

 

歯茎が美しく見えない原因としてよく挙げられるのが、
歯周病や歯肉炎といった歯茎の異常です。

 

歯茎が赤く腫れている人や紫に変色している方は、
こうした疾患を疑ってみましょう。

 

審美歯科では、この歯茎の異常を取り除いたのちに
歯を清潔にする処方を施します。

 

最近よく使われるのが、PTMCという方法です。
歯の表面に付着している汚れを根こそぎ剥がしてくれるので、
歯全体がツルツルした仕上がりになります。
歯の表面にフッ素を塗り、
汚れや細菌から守る予防効果も期待出来るのです。

 

歯に近い部分の歯茎が黒ずんでいるという方はいませんか?
それは、口呼吸や喫煙といった生活習慣が重なった結果、
メラニン色素が付着してしまったことによって起きる現象です。

 

この黒ずみを落とすには、レーザーを用いた治療を行います。

 

歯茎の美しさはお口全体の美しさを左右します。
自分の歯茎を見て黒ずみが気になったという人は、
審美歯科医院を訪れてみてください。

 

歯茎の黒ずみを落とす作業は30分ほどで終わるので、
忙しい方も安心です。

 

歯の形があまりにも不均一である場合、
歯茎のラインも不揃いになってしまうというケースが見られます。

 

審美歯科では、これを改善するために
歯肉を切除しラミネートベニアという義歯を差し込むことで
少しずつ歯茎の形を整えることが出来るのです。

 

自分のお口をさらに美しくしたいという人は、
ぜひ審美歯科医院を受診してみましょう。