審美歯科と矯正歯科

審美歯科は歯を動かすことなく、
「歯を美しく見せることに重点をおいた歯科治療」です。

 

健康な歯の神経を取り除いてセラミックをかぶせたり、
歯の表面を削ったり人工歯を貼り付けたりすることで
見た目に美しい歯や歯並びにする歯科治療を行います。

 

一方矯正歯科は歯を動かして、
「本来の歯並びや歯の機能を回復させることに重点をおいた歯科治療」です。

 

マウスピースやワイヤーのような取り外し可能な装置を歯に接着し、
時間をかけて少しずつ歯を本来の状態にまで動かす歯科治療を行います。

 

このように両歯科の決定的な違いは、「治療の目的」と「治療方法」です。

 

審美治療のメリットは、
短い治療期間で美しい歯と歯並びを手に入れられることでしょう。
そのことによって人生感が変わる人も少なくありません。
しかし歯を削ったり神経を抜いたりして
本来の自分の歯を失って二度と元に戻らない、というデメリットもあります。

 

矯正治療のメリットは、
健康な歯を削らないで本来の機能を手に入れられる(回復できる)ことでしょう。
かみ合わせがよくなることや歯磨きがしやすくなることで、
歯の寿命が延びるというメリットもあります。
しかし長い治療期間を必要とすることや、
治療装置を長期間歯につけるので見た目が悪くなる
(最近は、歯の裏側につける装置も開発されているようです)といったデメリットがあります。

 

なお費用の面では、治療の目的・使用素材などによって
健康保険が適用されるかどうかの違いがありますので一概には言えません。

 

審美歯科医院で治療するか矯正歯科医院で治療するかは、
両方の医院から具体的な説明を聞いてから決定することが重要です。

 

http://www.shika-sakura.net/