審美歯科とホワイトニングの違い

歯の美しさは、その人の印象を大きく変化させます。

 

いくらおしゃれな服装で着飾ったとしても、
歯に着色が見られる、もしくは歯の形が歪んでいると
トータル的な美しさの評価は低下してしまうのです。

 

誰かと会話をするときに、
顔を見てお話しするのは当然のマナーです。

 

そんなとき、皆さんの歯はどのように見られているでしょうか?

 

美しい歯を手に入れるための治療として
最近よく知られるようになったのが審美歯科やホワイトニングです。

 

両者の違いを正しく理解することが、
美しい歯を目指すうえで欠かせません。

 

まずは、ホワイトニングについて見ていきましょう。

 

ホワイトニングとは、その名の通り
歯を白くすることに特化した治療方法のことです。

 

特殊や薬剤を使って、
歯の表面に付着している汚れや着色を落とすことが目的になります。

 

あくまで歯の色にのみこだわった治療方法ということを覚えておきましょう。

 

一方で審美歯科は、お口全体の健康を考えながら
歯の矯正治療なども行っていきます。

 

過去に虫歯の治療をしたことがある人は、
歯に詰め物や被せ物をしている方も多いことでしょう。
審美歯科では、そうした人工物も治療の範囲内です。

 

人工物の色を整えることで、
歯そのものだけでなくお口全体を美しく見せる治療を行っていきます。

 

固いものを噛んだり、運動中の事故のせいで
歯が欠けてしまったという人は審美歯科を受診してみてください。

 

セラミック製の歯などを用いた治療によって、
美しく自然な歯を演出することが出来るからです。

 

皆さんの歯のお悩みに合わせて、
審美歯科やホワイトニングを使い分けることが
美しい歯を手にするためには重要なのです。